« 誕生日プレゼント | メイン | 私の節約の考え方 »

2015年2月10日 (火)

知恵袋

母のおじいさん、つまり私の曾おじいさんですが、物の無い時代に洗濯する時にみかんの皮を干しておいてそれを洗濯物に当ててこすって洗濯していたそうです。そのみかんの皮が無い時は米のとぎ汁で洗濯をしていたそうです。
実際に汚れが落ちるのかな?
最近はみかんパワーみたいな言い方で売ってある洗剤類にも入れてありますよね。

他にはプラスチックとか無い時代の石鹸受けには、数珠玉(よく河川敷とか用水路などの淵に生えている)を取って来てそれに針金をさしていって石鹸受けを作っていたそうです。
これは今でも作ってみると案外おしゃれかなと思ってしまいます。

母に色々生活の知恵を聞き出そうとするけど、ウーン今一なのですよ。
編物と洋裁には詳しいけど、料理はどちらかというと苦手なタイプだし。何しろ、シチューを作ったのはいいけれど、「生姜を入れればおいしいと思って」とみじん切りの生姜が入っていたのには目が点になりました。口の中でザクザクしてるのです、生姜が。
普通に市販のシチューのルーを入れてただ作ってくれれば問題なしなんだけど。

私も少しずつ生活の知恵をつけて行きたいなと思っています。
生きている年数分知恵はついてるはずなんだけど…。

コメント

コメントを投稿